2012年10月15日

湘南平でパノラマ撮影

最近、あまり体を動かしていないので、きょうは湘南平までサイクリングなのだ。

稲刈りが終わっていた
境川沿いの田んぼでは、もう稲刈りが終わっていた。
これから秋が深まっていく気配。

湘南平に登ってみた。
天気がよいと気持ちがいい。

湘南平から海を眺めた
展望台に上り、写真を撮る。
ここの展望台、手すりが低くてちょっとコワイ。

IMG_1997.jpg
iPhone5のパノラマ撮影機能を使ってみた。
その場でくるりと回るとどうしても手すりが写ってしまうので、iPhoneを手すりの外に突き出して撮影する。
手がすべってiPhoneを落としたら間違いなくコワレル。
それに、高所恐怖症気味の僕は、高い場所でとってもコワイので、手すりにしっかりつかまりながら撮影したのだ。

ぶるぶる震えながら撮ったけど、しっかり補正されている。
なかなかやるな > iPhone5
posted by Tack at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活

2012年08月17日

宮ヶ瀬〜ヤビツ峠〜湘南平

庭作りも一段落し、昨日は自転車でおでかけしたのだ。

宮ヶ瀬
まずは宮ヶ瀬へ。
朝は気持ちがよい。

クマ注意
途中通り過ぎた登山道の入り口にこんな看板が。
コワイです。
思わず写真を撮ってしまいました。

裏ヤビツ
宮ヶ瀬からヤビツ峠へ。
この道は「裏ヤビツ」と呼ばれている。
ずっと渓流沿いを走るので、とっても気持ちがいい。

護摩屋敷の水
ヤビツ峠の手前(北側)、坂の途中にある湧き水の看板。
日本名水100選なんだそうだ。
つめたくておいしい。

ヤビツ峠
ヤビツ峠に着いて、いつもの写真を一枚なのだ。

よくばり天丼
ヤビツから大磯に出て、いつもの食堂で「よくばり天丼」を注文。
こんなに欲張って食べてしまっていいのか?
でも、朝食抜きだったせいか、思わず注文してしまった。
完食。

湘南平
ついでに湘南平に登ってみた。
距離は短いけど、登りがきつい。

湘南平からヤビツ峠
湘南平からヤビツ峠方面を望む。
あの峠を越えてきた。

走行距離 約130Km
消費カロリー 約5,500キロカロリー

暑い一日でした。
posted by Tack at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活

2012年08月15日

真夏のガーデン

月曜日に照明の取付が終わり、やっと庭の工事が完了した。

6月4日に工事が始まって、実に2か月と10日かかった。
雨が多かったとはいえ、かかりすぎである。
植木やさん、コンクリートブロックやさん、タイル張りやさん、左官やさん、ウッドデッキやさんなど、さまざまな職人さんたちが入れ替わり立ち代わり作業をしていったのだけど、このスケジュールがうまく合わなかったりしたようだ。

まあ、とにかく庭は完成。

西側のアプローチ
西側からのアプローチ。
ジューンベリーとサルスベリが迎えてくれる。
ちなみに、ここは改装前は池だった。

石のベンチ
アプローチを進むと石のベンチに出る。

タイルフロアとウッドデッキ
「ガーデンリビング」として、タイルフロアとウッドデッキのエリアを設置。
いま、サルスベリが満開である。
「百日紅」と書くぐらいで、花の時期が長い。

ガーデン・パラソル
東側から見たタイルフロアとパラソル。

ロックガーデン
庭石を動かすと大変なので、そのままの位置に残した。
正面は新たに植えたカツラの木。

西側からのアプローチ
西側からのアプローチ。
既存の芝の一部を残し、新たに芝を追加。

オリーブの樹
芝の中央にオリーブの樹を植えた。

照明
夜になると、照明が自動点灯。
タイルフロアが浮かび上がる。

タープ
タープを張ってみた。

フレキシブル立水栓
ウッドデッキ横の立水栓はちょうどよいものが見つからなかったのだけど、結局こんな形になった。

とにかく工事は終了。
いまのところ、とっても快適である。

2012年08月03日

もうすぐ庭が完成

庭のリフォーム工事ももうすぐ終わり。
明日にでも完成というところである。
結局2ヶ月もかかってしまった。

ウッドデッキ工事中
ウッドデッキ工事中の庭。
きょう、塗装予定。

2Fベランダ
ついでに張り替えた2Fのベランダ。
まだ塗装が終わってないけど、テーブルといすを出してみた。

完成した庭ではやく乾杯したいな。

2012年08月01日

青春18きっぷ

今年高校2年生になる息子が友達と二人で旅行に行っている。
「青春18きっぷ」で普通列車を乗り継いで、京都に着いたらしい。
京都で2泊し、きょう帰ってくる予定だ。

旅行といえば、家族旅行か修学旅行しか経験のない息子が、はじめての友達との旅行にでかけた。
親としては、なんだか感慨深いものがある。

そういえば、自分も高校2年生のころ、同じように友人と奈良へ旅行へ行った。
やっぱり普通列車を乗り継ぎ、関西本線の始発に乗るために名古屋駅の構内で夜をすごしたり、
NHKドラマ「あおによし」のモデルになった旅館やユースホステルなどに泊まりながらの一週間の
旅であった。
暑い夏の日差しの中、一日中奈良中を歩き回って帰ってきた。
いまでもはっきり覚えている、楽しい思い出だ。

今回の息子の旅行はどうなのかな。
楽しい思い出になるといいな。

宮ヶ瀬
こちらは最近行き始めた宮ヶ瀬。
横浜から厚木経由で上っていくのだけど、それほどきつい坂もなく、早朝出かけて10時頃までに
帰ってくるのにはちょうどよい。

2012年07月29日

庭のプレオープン

6月から庭の改装工事をしているのだけど、まだ終わらない。
あと一週間ほどで終わるはずなのだけど、待ちきれなくて、プレオープンということにした。

IMG_1827.JPG
とりあえず完成しているタイルフロアの部分にガーデンテーブルとチェアを設置して乾杯の準備。
ウッドデッキや植栽はまだ未完成である。

IMG_1829.JPG
iPadでロンドンオリンピックの自転車ロードの中継を見ながら乾杯。
夕方になると結構涼しく過ごせる。

はやく完成しないかな。

2012年07月18日

アッサンブラージュ

このあいだ、「アッサンブラージュ」という名前のワインを飲んだ。

アッサンブラージュとは、フランス語で「組み合わせる」といった意味らしい。
ボルドーワインの特徴である、複数の品種のぶどうをブレンドすることを指す。

それが、ワインの名前になっている。

アッサンブラージュ
変わったラベルだなと思ってよく見ると、このそれぞれの数字はブレンドしてあるぶどう品種の割合を示している。

メルロ若樹16%
カベルネ・フラン15%
カベルネ・ソーヴィニヨン18%
メルロ古樹35%
タナ13%
エッジオドーラ3%

だそうだ。

ラベルにはメルロ若樹とメルロ古樹を合わせて51%と表示されている。
なかなかおもしろい。
タナとエッジオドーラって、知らなかったなぁ。

ちなみにこのワインの産地は、フランスのコート・ド・ガスコーニュである。

おいしかったので、あっというまになくなってしまった。

2012年07月05日

POLARとCATEYE

先日自転車に装着したPOLAR・CS600Xは、その後ケイデンスセンサーも交換後、無事に動作した。
ちょっと液晶が見にくいけど、快調に動作している。

いままでつけていたCATEYEもそのまま。
ここでちょっと気になるのが、POLARとCATEYEの距離表示の差である。
境川サイクリングロードの往復で、CATEYEだと33.88Kmとなるのが、POLARだと33.4Kmと表示される。

タイヤの周長の設定は説明書通りに行ったのだけど、POLARの説明書では700x23Cは2070mm,CATEYEの説明書では2096mmとなっている。
どうも、これが原因だと思われる。さて、どっちに合わせればいいか。。。
こんど、ちゃんと周長を計ってみよう。

ところで、両方を見比べていてわかったのだけど、POLARのスピード表示が1テンポ遅れる。
たとえば、CATEYEが時速30Kmを示してから、1〜2秒遅れてPOLARが30Kmを表示する。
きっと、サンプリングデータから時速を計算する方法に違いがあるのだろう。

このあたりはCATEYEに軍配が上がる。
それに液晶もCATEYEのほうが断然見やすい。

POLARがいいのは、帰ってきてからPCでトレーニンググラフを見られるところかな。
心拍数やケイデンス、スピード、距離、標高などがグラフ化されて見れるのでちょっと楽しい。
貧脚ぶりが手に取るようにわかる(-_-);;

CS600X
まあ、しばらくは2つつけたままにしておこう。

posted by Tack at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活

2012年07月02日

サイクルコンピュータ装着

新しいサイクルコンピュータを装着したのだ。

CS600X
どれにしようか迷ったけど、結局、POLARのCS600Xにした。
とりあえず、CATEYEの速度計もつけたまま。

スピードセンサー
POLARのスピードセンサーは前輪の左側に取り付けた。
右側のフォークにはCATEYEのセンサーがついている。

ケイデンスセンサーも一緒に買って取り付けたのだけど、こちらはまったく動かず、赤色のLEDもまったく点滅しなかった。
電池が切れてるのか、不良品なのか。。
しょうがないので、返品/交換中である。

取付が終わって、試走に行こうとしたら、雨が降ってきた。
試走は明日以降におあずけである。

サイクルコンピュータを変えたからといって、貧脚が改善されるわけじゃないんだけどね。。。
posted by Tack at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活

2012年06月29日

境川サイクリングロードは鴨の親子の横断に注意!

きょうの天気予報は雨だったのだけど、朝起きてみたら雨は降っておらず、天気は快方に向かっていた。
で、いつもの通り、境川サイクリングロード往復である。

ケイデンス計が欲しいなあ、そろそろ新しい自転車も欲しいなあ、などと考えながら走っていると、ひとだかりが。
みんなが見ている方向を見てみると、鴨の親子が田んぼのあぜ道で休んでいる。
「あれ、この鴨の親子、こないだは川で泳ぎの練習してたんじゃ。。。」

どうも、毎日、サイクリングロードを横断して川と田んぼを往復しているようである。
自転車でこのあたりを通るときは、気をつけないとなぁ。
みなさーん、この時期、境川サイクリングロードは鴨の親子の横断に注意ですよぉ。

フミの自転車
このあいだの別府史之選手のトークショーで展示されていた自転車。
いいなぁ、これ。
posted by Tack at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活