2007年08月08日

梅樹庵を訪ねて

一週間前、先週の日曜日、旅行の初日に和歌山の龍神村にある梅樹庵の竹内さんを訪ねた。
「和歌山に行ったら、絶対、梅樹庵に行くんだ」と夫婦で決めていた。

19年ほど前、僕たちが結婚を決め、結婚式場を探していたころ。
僕が行きつけのビストロのカウンターで、希望の時期になかなか式場が手配できないとこぼしていたとき、「うちでどうぞ」と声をかけてくれたのが隣にすわっておられた竹内さんだった。
そのころ、竹内さんは横浜にあるレストランチェーンの総料理長を務めておられた。

結婚式の料理はどれもすばらしいもので、僕はすごく感動した。竹内さんをはじめ、スタッフの方々が心をこめて作ってくれた料理だ。結婚式の料理にはめずらしく、一品一品順番にフルコースで振舞われ、あたたかいものはあたたかいまま、つめたいものはつめたいまま、リアルタイムに配膳された。そのとき出席した親戚や友人たちもみんな「いままで出席した結婚式の料理のなかでいちばんおいしかった。」と言ってくれた。このとき結婚式場のシェフを務めておられたのは、現在横浜の老舗レストラン、スカンディアでシェフを務めておられる荒川さんだ。
竹内さん、荒川さんコンビの料理を僕たちの結婚式で振舞うことができたのはすごく幸運なことだと思う。

しかし、そんな料理を妻は緊張していたためかほとんど口にできなかった。着物の帯がきつかったり、お色直しなどでいそがしかったのも原因だ。それが悔しい!というので、つぎの結婚記念日にはもう一度竹内さんの料理を食べに行こうと二人で約束していた。
でも、その年の夏、竹内さんは総料理長の職を辞し、和歌山の龍神村に引っ越してしまった。竹内さんはそこで「梅樹庵」を開き、紀州南高梅を使ったオリジナルの梅ドレッシングなどの手作りのおいしい食材を日本全国に送り出している。

今回の旅行で南紀白浜空港から真っ先に向かったのがこの梅樹庵である。

梅樹庵入口
龍神街道沿いにある梅樹庵の入り口。
胸が高鳴る。

梅樹庵
階段を登ったところに梅樹庵はあった。

梅樹庵では春から秋にかけて、土日のみ軽食を提供している。
さっそくいただくことにした。

まず、季節のスープ。この日はヴィシソワーズだった。濃厚な味。すごくおいしかった。
次に野菜サラダ。竹内さんオリジナルの梅ドレッシングをかけていただく。このドレッシング、まさに魔法のドレッシングだ。帰りにショップ(息子さんが村役場近くにオープンしたお店)でおみやげに10本ほど注文してしまった。おすすめです。
軽食のメインはクロックムッシュ。トーストの焼き具合が絶妙。バターの味とハムの独特のかおりがあとをひきます。付け合わせのプラムのシロップ漬けとくるみ入りマッシュポテトもそれぞれとてもうまい。
あんまりおいしそうで、写真を撮るのを忘れてしまった。

ゆずのシャーベット
デザート
デザートもすべて手作り。
一品一品、どれも力強くてやさしくて素敵な味です。
このあといただいた玄米コーヒーもとってもおいしかった。

庭
茶房の入り口は広く開け放たれている。
自然を満喫できる。

年中夢究
入り口にかけられていた札。
実際の茶房の営業は桜が咲く頃〜金木犀が散る頃の土日のみとのこと。

竹内さん
19年ぶりにお会いした竹内さん。元気そうだ。
「ひとりだとこんな軽食しか出せないんです。」とおっしゃっておられたけど、こんなおいしい軽食だったら、大満足です。

日高川
店の前の龍神街道沿いに流れる日高川。
清流である。

水遊びのこどもたち
川遊びをしているこどもたちもいる。

川遊び
がまんできずに川へはいる。気持ちいい。

美人の湯
帰りに美人の湯で有名な龍神温泉に入った。

おいしくて幸せな旅行の初日でした。
posted by Tack at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年08月07日

ミニ四駆と清水港まつり花火大会

日曜日は静岡でミニ四駆の大会に参加したのだ。

タミヤ本社
会場はタミヤ本社。
実家(清水)から車で15分ほどの場所である。

Tyrell6wheel
玄関ホールにはあのTyrell6輪が!
サーキットの直線で空中を舞うシーンが思い出される。

JohnPlayerSpecial
JPSロータス。
サイドウェイ・ロニーよ永遠に!

ミニ四駆コース
5階に設けられたミニ四駆コース。
ふだんはタミヤの社員食堂の場所らしい。
結果は親子ともども予選落ち。5回もチャレンジできたんだけどね。
でも、最後に行われたお楽しみ抽選会で息子は定価9,000円ぐらいのプラモデルが当たった。僕も2,000円ぐらいのプラモデルが当たった。どうもこちらのほうに運が使われたみたい。

やっぱりうなよし
やっぱりうなぎは清水のうなよしです。

第60回清水港まつり花火大会
きれいな花火
空中ナイアガラ
夜は清水港まつりの花火大会です。
静岡市になってしまってからはどうなるのか心配だったけど、続いている。
やっぱり夏は花火ですね。
posted by Tack at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年08月03日

江津良海水浴場

時間はさかのぼるけれど、水曜日は江津良海水浴場へ行ったのだ。

きょうもまた快晴
快晴。

江津良海水浴場
江津良海水浴場。白良浜の裏手にある小さな海水浴場である。
白良浜の混雑をよそに、きょうも静かなビーチなのだ。

江津良の海中
透明度は若干落ちるけど、魚はたくさん見ることができる。
集落から川が流れ込んでいるせいか、多少にごっている。
でも、海水浴場としての水質レベルはかなりいいほうだと思う。

うにと魚
うにのとなりから顔を出している魚。
なんという種類の魚だろう?

ごんずいの群れ
ごんずいの群れを発見。
刺されたら痛そう。

パターゴルフ
海は早めにきりあげて、パターゴルフなのだ。
炎天下であまり乗り気ではなかったのだけど、きのうもおとといも延期していたため、息子をごまかしきれずにプレー開始。
貸切状態でした。

もうすぐ夕暮れ
まだまだ日が高い。

FITOU
はやめの夕食。
赤ワインで乾杯です。

夕焼け
きょうも楽しい一日を過ごせました。
夕日をながめながら食事です。
台風5号が近づいているせいか、雲がでてきています。
posted by Tack at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年08月02日

台風5号と三段壁

南紀白浜の名勝、三段壁にも行ってみた。

三段壁
やっぱりここもすごいことになっている。

BARLEYのオムカレー
三段壁そばのBARLEYのオムカレー。
うまかったけど、飛行機大丈夫かなぁ。
posted by Tack at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

台風5号と千畳敷

南紀白浜の名勝、千畳敷に行ったのだ。
台風5号の影響で海がすごいことになっている。

砕ける波1
砕ける波2
砕け散る波。

波1
波2
波3
波4
波5
波6
波のチューブ。

今日の飛行機で帰るんだけど、大丈夫かなぁ。
posted by Tack at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

橋杭岩とドライブインサンワ前と串本海中公園

火曜日は串本に行ったのだ。

きょうも快晴
朝6時起床。
快晴。
きょうは串本から出航するホエールウォッチングの船を予約してある。鯨を見に行く途中、トローリングを行い、捕れたかつおをその場で刺身で食べられるという結構なツアーなのだ。

ところがである。息子が道中でグロッキーになってしまった。
田辺から串本までは車でおよそ一時間半の道のり。海岸線にそって曲がりくねった道が続く。このワインディングロードにやられて息子がひどい車酔いになってしまった。
結局2時間以上かかって、古座川の河口にある船着場までたどりついたのだけれど、息子はとても船に乗れる状態じゃない。ホエールウォッチングはあきらめて、船を見送った。

でも、この川の水のきれいさはすごい。岸壁の上からでも透明な水の中をおよぐ魚の群れがよく見える。さすが、熊野の清流である。
また、カヤックもさかん。

マーチ
車の中でグロッキーの息子。
この車は「特別キャンペーン、一日4,200円(保険込み)」のレンタカー。5日間でも21,000円なのである。旧型のマーチだけど、エンジンはツインカム16バルブ。1,000ccなのによく走る。
しかし、走行距離8万キロで、さすがにサスペンションが抜けている。息子の車酔いの原因のひとつだ。

天然記念物前でグロッキー
日陰に移動して休む。
バックは天然記念物の「橋杭岩」。
天然記念物をバックに昼寝状態の息子である。

橋杭岩パノラマ
とりあえず「橋杭岩」のパノラマ写真です。

ひがしのうな丼特上
一時間半ほど休憩し、はやめの昼ごはんにした。
古座川ぞいにあるうなぎ屋「ひがし」のうな丼。
うなぎのこげぐあいが食欲をそそる。
うなぎはやっぱり清水のうなよしがいちばんなんだけど、ここのうな丼も素朴な味でよかった。

ドライブインサンワ前
昼食のあと、近くのシュノーケリング・スポットへ向かう。
串本町田子にあるドライブインシーサイドサンワ前。
息子はまだ本調子ではなく、岸で休憩。

さんごの群生
さんごの群生を発見!
ちなみに本日の水中撮影は潜水の得意な妻が担当。

さんごのかげ
さんごのかげには魚がいっぱい。

さんごの穴?
隠れ家?

くまのみ
クマノミ発見。

くまのみマクロ
このクマノミ、目の前に寄ってくる。
なかなかかわいい。
ペアのクマノミを2組発見した。それぞれなわばりがあるらしい。

ステラマリン
一時間ほどシュノーケリングをして岸に帰ってきたら、すっかり元気になった息子が待ちくたびれていた。
着替えてから串本海中公園へ向かう。
これは海中が見える船「ステラマリン」。

ステラの窓
船底に大きなガラス窓がならんであいていて、すわりながら海中を見ることができる。

ステラの展望1
こんなさんごも見ることができる。
さっき、シュノーケリングでさんごの群生を発見して喜んでいたのだけれど、それがこんなに簡単に見れるなんて!

ステラの展望2
こんな魚たちも船から見える。

海中展望塔
船のあとは海中展望塔です。

海中展望塔からのさかなたち
展望塔のまわりには、餌づけされた魚たちがいっぱいいるのだ。

海中展望塔のふぐ?
こんなショットも簡単に撮れる!

水族館のいそぎんちゃく
海中展望塔のあとは水族館。
色とりどりのいそぎんちゃくも見れる。

鯨は見ることはできなかったけど、これも忘れられないハプニングである。
楽しい一日だった。
posted by Tack at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年07月30日

田辺湾の夕日その2

きょうの夕日は昨日にもまして美しい。

田辺湾の夕日その2
金色にかがやく海面。ひきこまれそう。
みとれてしまった。
posted by Tack at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

臨海浦海水浴場

きょうは海に行ったのだ。

臨海浦海水浴場
臨海浦海水浴場。
こじんまりとした小さな海水浴場。
南紀白浜では、白良浜が有名なんだけど、きょうは花火大会があって混雑するようなので、そのちょっと裏にあるここに来たのだ。

レッツゴー・シュノーケリング
シュノーケリング出発!

スイミー
小ざかなの群れ。

生き物たち
岩場にはいろんな生き物がいる。
赤白のかに、しゃこ貝みたいなやつ、いそぎんちゃくみたいなやつ、いろいろ。

さかながいっぱい
岩のかげにはさかながいっぱい。

赤さんご
こんなあざやかな色のさんごもありました。

小さな海水浴場だったけど、水がきれいで、さかなもいっぱいいて、おもいのほか楽しめました。


posted by Tack at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

田辺湾の朝

きょうは海へ泳ぎに行くのだ。
楽しみ。

田辺湾の朝超パノラマ
田辺湾の朝。
また180度超パノラマにしてみた。
CanonEOSのおまけについてきたPhotoStichという合成ソフトを使用。
すっごく簡単にパノラマ写真が合成できる。
でも、空に線がはいっちゃったぁ。

田辺湾の朝の海岸超パノラマ
こちらは視線を下に落として撮影。やっぱりパノラマ合成。
ホテル前の海岸では、引き潮で岩場が現れているのだ。
早起きの家族がもう岩場を探検している。
posted by Tack at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

田辺湾の夕日

南紀田辺に来ている。
ホテルの部屋から田辺湾が一望できる。

田辺湾の夕日
田辺湾の夕日。きれいだ。

田辺湾の夕日パノラマ
パノラマ合成してみた。

田辺湾の夕日超パノラマ
調子にのって180度パノラマにしてみた。
サムネイル小さい!
posted by Tack at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年07月24日

洞窟めぐり

週末に南伊豆に行ったのだ。
土曜日は一日雨だったのだけど、日曜日には雨があがった。
で、カヤックをひっぱりだして洞窟めぐり。
とってもきれいな海だったので、今日の日記は写真だらけなのだ。

カヤックペア
友人夫妻は新艇の海デビュー。

まったりおくさん
妻はひとり乗りでまったりゆったりです。

はりきり小学生
僕は息子とタンデムで出港です。

シュノーケリング
途中の海岸で休憩し、シュノーケリング。

さかなたち
きれいな肴^H魚がいっぱいです。

滝その1
いよいよ湾の外へ。
前日の雨で自然の滝がたくさんできていました。

滝2
こんな大きな滝も。
このあたりの山は無人なので、生活排水ゼロのきれいな水です。

洞窟1
こんな洞窟がいっぱいあります。
水はとっても透き通っていてカヤックの上から魚がいっぱい見えました。

洞窟2
入れそうな洞窟に入ってみる。

洞窟の天井
天井はこんなぐあい。

石柱
石の柱です。

門
おおきな門のようなトンネル。

入口
今回、最後に入った洞窟の入り口。

洞窟の中
中は広くて光線のぐあいが神秘的です。

帰り
帰路。べた凪でとってもおだやかな海でした。

カデ
夏はやっぱり冷やした白ワインがおいしい。

うーん、また行きたいなぁ。
posted by Tack at 10:50| Comment(4) | TrackBack(1) | ちょっと遠くまで

2007年07月03日

御前崎灯台とボディボードとうなよし

日曜日。
ビーチリゾート2日目なのだ。

サーフレスキュー
朝から天気が悪い。

御前崎灯台
御前崎灯台。
中に入ることができる。

灯台からのビュー
灯台からの眺めはとってもいい。

灯台パノラマビュー
太平洋が一望。

ボディボード
オリンピックで1,500円ぐらいで買った安物のボディボード。
昼から晴れたので、あわててビーチに戻り、波に乗った。
初めてだったけど、大変おもしろい。
でも、何度も波にまかれて、からだのあちらこちらが筋肉痛です...

冷製茶碗蒸し
冷製茶碗蒸し。
夕食は和食にしたのだけど、この茶碗蒸し、つめたくておいしい。

うなよし
翌日、帰る途中で寄った清水のうなよし。
やっぱりうまい。
posted by Tack at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年07月01日

フルコース

ハット
ホテルでの食事なのだ。
場所は東急ハーベストクラブ静波海岸。
ここは静岡鉄道の「ホテルスイングビーチ」としても運営している。
選んだのはソレイユっていうコース。
メニューはというと。。。

アミューズ
ソフトシェルクラブとほうぼうの「アミューズ」。いきなりこのメニューでちょっと意表をつかれました。
「アミューズ」ってこういうことなんですかねぇ。

まぐろのタルタルソース(写真なし)。
写真を撮るのを忘れてしまいましたぁ。

粉チーズ入りオリーブオイル
オリーブオイルに粉チーズをいれたもの。パンにつけていただく。
粉チーズを入れるのは思いつかなかった。
こんどうちでもやってみよう。

鴨肉のソテーラビゴットソース(写真なし)
ラビゴットソースとは、「フレンチドレッシングに香味野菜のみじん切りを混ぜたもの」らしい。
簡単だけどさっぱりしている。これも今度作ってみよう。
鴨肉、ぜんぶ食べたらもうおなかいっぱいです。。。。

スープドポワソン
スープドポワソン。
魚介類のスープです。
裏ごしした濃厚な魚の香りがいいですね。

金目と手長エビのポワレ
金目と手長エビのポワレ ブールブランソース
ブールブランソースっていうのは直訳すると「白いバターのソース」っていう意味らしい。
酸味の強いワインやワインビネガーをベースに作られ、魚介類にあうさっぱりした味のソースです。
金目っていうのはやっぱり静岡だからでしょうか。
昔は金目鯛の独特なにおいがきらいだったけど、今はすっごく好きです。

グラニテ
グラニテ。
メロンのシャーベットです。

ひれ肉のソテー
ひれ肉のソテー マスタードソース。
おいしいけれど、もうおなかいっぱいです。。。

サラダ
季節のサラダ。

デザート
ホテル特製デザート。
「別腹」だそうです。。。

コーヒー
コーヒー。
おいしかった。

キャンティ
ワインは、シャルドネをグラスで、キャンティの赤をボトルでたのんだ。
でも、このメニューだったら、ミュスカデのような酸味の強い白をボトルで頼んだほうがよかったかもしれない。
牛ヒレ肉のときだけボルドーの赤あたりをグラスで。。。
ま、いいか。

食べ終わったあとは、おなかいっぱいで苦しかったですよぉ。
でも、どれもおいしくいただいちゃいました。

posted by Tack at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年06月30日

雨のビーチリゾート

この夏いちばんのビーチリゾートなのだ。
ボディボードで波で遊んで。。。

スイングビーチ
のはずだったんだけど、雨です。
今日が海水浴場の海開きだったんだけど、だれもいません(..);
海も荒れてるし
..orz
posted by Tack at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年06月03日

実家で法事

実家(清水)で父の17回忌があったのだ。

お寺の本堂
15年ほど前に立て替えられたお寺の本堂。
父の葬式のときは工事中だったので、仮本堂のような場所だった。
「もうちょっと生きていてくれたら新しい本堂で葬式ができたのにな。」などと思ったものだ。
祖父の葬儀のときに住職を継いだばかりだった上人は、その後、祖母の葬儀、父の葬儀とずっとお世話になっていたのだけれど、最近咽頭がんをわずらい引退したとのこと。今年の4月からその息子があとを継いでいる。彼はそれまで、ほかのお寺で小僧をやっていたのだけど、急に呼び戻されたらしい。
世代交代なのだ。

うなよし
法事のあと、実家に帰ったときはいつも寄っている「うなよし」へみんなで行ったのだ。
ここのうな丼はほんとうにうまい。上品な味のたれはあきることがない。ふんわりと仕上げられたうなぎは舌の上でとろけていく。ほどよくこげたにおいが食欲を増し、いくらでも食べられる。
値段は安いのだけど、東京や横浜の有名なお店なんかよりずっと好きだ。とにかくうまい。このお店の欠点は、ほかのお店のうな丼を食べてもおいしいと思えなくなってしまうところ。
ブログを書いていたら、また食べたくなってしまった。。。

篠田酒店(1)
篠田酒店にも寄って、焼酎と日本酒を補充してきたのだ。

篠田酒店ビオワイン
オーガニックワインのおすすめも数本仕入れてきたのだ。
楽しみ。


posted by Tack at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年05月06日

山中湖のログハウス

GW後半、友人の山中湖のログハウスに行ったのだ。みんないろんなメニューを持ち寄り、とっても豪華な食卓だったのだ。食べて飲んで寝てばかりいたのでまた太ってしまったのだ。

シャンペングラス

シャンペンで乾杯!

ドライフルーツ

ドライフルーツ。どれもとってもおいしかった。
手前はフルーツチーズ。

フルーツチーズ

フルーツチーズ。表面にドライフルーツがまぶしてある。

オリーブカクテル

オリーブカクテル。ワインに合います。

スモークサーモン

スモークサーモン。

ダッジオーブン

ダッジオーブン。
今回は外用のキャンプダッジオーブンじゃなくて、キッチンダッジオーブンを持っていった。

皮のグローブ

ダッジオーブン用の皮グローブ。
丈夫で役に立ちます。

塩豚のワイルドロースト

塩豚のワイルドロースト。

パエリア

パエリアも作りました。

ドライグレープ

枝つきの干しぶどう。ワインによく合います。

ワイングラス

ワインです。

フライドチキン

フライドチキン。ダッジオーブンで作りました。

富士山

富士山もきれいでした。
posted by Tack at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年05月01日

境川サイクリングロード

家から西に3Kmほどのところに境川という川が流れている。この川沿いに「境川サイクリングロード(藤沢・大和自転車道)」がある。息子に新しい自転車を買ったので、昨日、新車を受け取ってすぐにこのサイクリング・ロードに行ってきた。2年ぶりである。
この道は2年前の思い出の舞台だったので、実に感慨深い。

昨日は天気もよく、サイクリング日和。川岸にはいろんな花が咲いており、田んぼや畑に囲まれた見晴らしのよい場所を走っているととっても気持ちがよい。この道は、ママチャリでのんびり走っているカップルがいるかと思えば、ツールドフランスかと思わせるような集団(ちょっとオーバーかな?)まで、いろんなサイクリストが走っている。散歩をしている人たちも結構いる。

ツールドフランスもどきの集団:
前からこの集団がぐんぐん近づいてきたときは、「どうやってよければいいんじゃぁぁぁぁ」と、ちょっとあせったけど、すれちがうときはちゃんと礼儀正しく2列縦隊になってくれたのでほっとした。

ロードバイクのカップル:
本格的なロードバイクに乗ったカップルとすれちがった。楽しそうに二人で話しながらけっこうなスピードで走っている。いいなあ。

子連れサイクリスト:
スポーツ車に乗った男性に追い越されたと思ったら、背中にヘルメットをかぶった2歳ぐらいの子供がおんぶされている!。子供は気持ちいいのか!? そのあとを、これもスポーツ車に無理やり子供用のシートを取り付けたというような自転車にのった女性が追いかけていった。きっとお母さんかな。

うさぎおやじ:
肩になにかを乗せて自転車に乗っているおやじがうしろから見えた。近づいてみたら、なんとうさぎだった。肩のりうさぎ!。追い越しながら横目で見てみると、前のかごの中にも2羽のうさぎがはいっている! しかも、前のかごは2段になっていて、上段にラジカセが置いてあって、音楽を流している。うさぎに音楽を聞かせながらサイクリングって、果たしてうさぎは気持ちいいのか!? それにしてもおとなしく肩に乗っているうさぎはすごい!

GIANTRock4500
息子の新車、GIANT ROCK4500 ホイール26インチ、フレームサイズ360。
近所のサガミサイクルセンターで購入。税込27,720円でした。
サドルをいちばん下にセットしたけど、つまさき立ちがやっと。
でも、昨日一日、危なげなく乗りこなしていた。よしよし。

PROGRESSIVE
こちらは私の愛車。20インチホイールで小さくて軽い。10Kgそこそこである。気に入っている。
が、私が乗ると絵にならないらしい。なぜ?

凧
こんな凧がいっぱい揚がっていた。手前の白い線はほかのたこの糸である。


江ノ島でビール
片瀬江ノ島駅前に到着。サイクリングロードは藤沢市民病院の手前で終わっているので、そこから5Kmほどは一般道を走らなければならない。
でもやっぱり海は見てから帰りたい。
私はガマンしきれずにビールを一杯。帰りもあるので一杯だけです。はい。

サイクルコンピュータ
息子がインターネットで探し出して、「これがほしい!」とねだられたサイクルコンピュータ。買ってしまった。私の愛車にもつけてないぞ!

昨日の結果。
走行距離:48.5Km
実走行時間:3h19m
平均速度:14.5Km
最高速度:29.5Km

新車初日で50Km弱走破。12歳にしては上出来かな。



posted by Tack at 15:05| Comment(5) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年02月25日

ジュニアスキー検定2級合格!

息子にジュニアスキー検定を受けさせた。場所はピラタス蓼科。
ここは毎週土曜日にジュニアの検定を実施しているらしい。
午前中は講習で、午後に検定がある。ジュニアのスキー検定はポールのコースを滑走し、タイムが基準タイム以内ならば合格となる。
ここのスキースクールは親切で、午前中ポールバーンを練習で何回か滑り、タイムを計測してくれ、その結果を教えてくれる。タイム計測は3回ほどやったらしいが、息子の練習時のタイムはどれも36.8秒あたりで、1級の合格タイム37.5秒をぎりぎりクリアしているとのこと。2級を受ける予定で申請していたのだけれど、講師の「1級に挑戦してみますか?」との言葉に息子は俄然やる気になり、1級を受けさせることにした。
「1級に合格したら、賞金いくらくれるの?」と、息子はなんともゲンキンな発言である。
うちは息子には毎月決まったこずかいというものを渡していない。

「世の中、なんにもしないでお金がもらえるなんて甘いものじゃない。子供のうちから毎月こずかいをもらったりするからサラリーマン気質の大人になっちゃうのだ!」

という僕の教育方針でそうしている。でも、そのかわり、手伝いをしたときや、なにか賞賛に値することを行った場合に賞金を渡すことにしている。そのため、なにかあると「いくらもらえるの?」などとゲンキンな質問をするようになってきた。これもなんだか困りものである。

午後になっていよいよ検定本番となったのだが、「一部アイスバーンになったのでポールの設定を変更しました。これからもう一度練習タイムを計測してから本番にいきます。」とのこと。息子はいそいそと練習のタイム計測に向かったが、なんだか午前中とちがってへっぴり腰。結果、1級の合格範囲に入ることができず、2級を受けることになった。息子は不服そうである。賞金額が減ってしまうからである。

ともあれ、検定は基準タイム36秒のところを32秒前半で滑り、無事2級に合格した。
これで僕からの賞金2千円ゲットだ。おめでとう!
posted by Tack at 08:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年01月09日

スキーから帰ってきました

一昨日、スキーから帰ってきました。後半の2日間は雨が降ったり、吹雪になったりと、天候に恵まれなかったのですが、前半は雪が少ないながらも晴天のスキーを楽しむことができました。
スキーの滑りそのものもおもしろいのですが、自然の中でスポーツができる爽快感や、ときたま見ることができる晴天の雪山の景色が大きな魅力です。
そのせいか、ゲレンデだけが人口雪で白くてまわりに雪がないスキー場はどうしても好きになれません。

斑尾2
晴天のスキーだと、リフトに乗っていても気持ちがいい。

斑尾1
筋肉痛にさえならなければ爽快にすべれるゲレンデなんだけど。

ビール
やっぱりこれ。
posted by Tack at 02:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年01月06日

スキーに来ています

1月4日から3泊の予定でスキーに来ています。今シーズンはじめてのスキーのせいか、もうすでに全身筋肉痛です。。。

黒姫山
昨日の朝、ホテルの窓から見た(隣の)スキー場です。

鷲尾
初日の夜はさっそく鷲尾をいただきました。上品ないもの香りがしてとても飲みやすい。おいしかった。
posted by Tack at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで