2008年08月05日

花火大会

日曜日に清水みなとまつり花火大会に行ったのだ。

うなよしのうな丼上
まずは実家の近所のうなよしのうな丼。
やっぱりうまい。

ゆかた美人と花火
花火きれい。
ゆかたの女の子もきれい。


posted by Tack at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年08月02日

子浦でカヤック

伊豆の子浦でカヤックなのだ。
今年で5年目。
7月の連休にいったんだけど、いまごろのブログ更新なのだ。

カヤックツアー出発準備
今回はカヤックツアーに初めて参加したのだ。
横浜のカヌーショップ「サウスウインド」主催のカヤックツアー。

洞窟くぐり
恒例の洞窟くぐり。

友人夫妻
ファルトボート持参の友人夫妻。
会うたびに「カヤック買わないの?」とつっこまれる。

息子の幼なじみ
今回はじめてカヤックに乗った息子の幼なじみ。
すっかりベテランカヌーイストという雰囲気。

大きい魚
シュノーケリング。おいしそうな魚が泳いでいます。

スイミー
小魚の群れ。

スイミー2
水きれい。

息子のカヌー
息子。
ちょっとバテ気味だったけど最後までがんばったのだ。

幼なじみ二人組
幼なじみ二人組。
中学一年生。

posted by Tack at 09:30| Comment(4) | TrackBack(1) | ちょっと遠くまで

2008年06月08日

那須高原

那須高原へ行ったのだ。

HVクラブ那須高原
去年オープンしたホテルで、なかなかしゃれている。

アスパラ豆腐
フォアグラのフラントリュフソース
特製デザート
料理はなかなかうまかったけど、ちょっと上品すぎてなんだか物足りない。人間ってぜいたくなのだ。

朝食ビュッフェ
朝食ビュッフェ。
食べ過ぎなのだぁ。

ドウダンツツジ
八幡のつつじを見に行った。
ヤマツツジの花はもう終わっていたけど、ドウダンツツジは満開。

レンゲツツジ
レンゲツツジも咲いていた。

わたぼうし
たんぽぽのわたぼうしが大きいのでびっくり。

野草
可憐な花なのだ。

なす
昼食で食べた田舎膳のなす。
うまかった。

なかなかリフレッシュできた週末だったのだ。
posted by Tack at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年05月18日

軽井沢高原

軽井沢高原に行きました。

駐車場の野鳥
駐車場で野鳥が迎えてくれた。

軽井沢高原で白ワイン
夕食でまず白ワイン。グラスで。

フォアグラのポアレ
フォアグラのポアレ大根とコンソメ煮添え八丁味噌と新筍の若布仕立て。

イタリア赤ワイン
赤ワインはボトルで。

信州サーモン
信州サーモンの炙り 穂高産山葵を添えて。

金目鯛
旬のお魚料理

つばめの巣
部屋から外を見たらつばめがやけにいっぱい飛んでいるので覗いてみたら部屋のベランダの天井に燕の巣がいっぱい。。。。。

パターゴルフ
部屋からパターゴルフ場が見える。。

朝食バイキング
朝食バイキングでこんなに食べちゃった。。。。

なかなか爽やかな軽井沢高原でした。
posted by Tack at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年05月15日

山中湖周回

GW連休が終わってそろそろ10日。
今年の連休は遠くに行かずに家でまったり。
唯一出かけたのは友人の山中湖のログハウス。
自転車で山中湖を2周ばかり走った。

山中湖一周
愛車(ミニベロ)で山中湖周回。

山中湖の渚
山中湖の渚。

夕焼の渚
「日本の渚百選」、夕焼の渚だそうだ。
たしか、去年行った千葉の勝浦の海岸も「日本の渚百選」だったような。。。。

花火のごみ
ふと脇を見ると花火のゴミが捨てられていた。
自分たちで遊んだゴミぐらい、持って帰れないのかなぁ。
情けない。

オーガニックガーデン?
途中で見かけた掲示。「オーガニックガーデン」っていったいどんな庭なんだろう?
posted by Tack at 22:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ちょっと遠くまで

2008年04月05日

きょうもお花見

あんまり気持ちいい天気だったので、きょうもお花見。
赤ワインとつまみを背中にしょって、家族で大池公園へ。
自転車で20分ぐらいの距離なのだ。

大池公園の桜
桜の木の下で乾杯。
ワインをついだコップの中に桜の花びらが舞い落ちてくる。
posted by Tack at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年04月03日

箱根と鯛ごはん弁当とお花見

先週末、箱根に行ったのだ。
ホテルに一泊し、翌日曜日、箱根湯本の「瓔珞(ようらく)」で鯛ごはん弁当を購入してお花見に小田原城へ向かった。
だがしかし、大変な混雑で車はどこにも停められそうもない。小田原城はあきらめて、山の上にある城山公園へ向かった。
ここは思いのほかすいていて桜もきれい。鯛ごはん弁当もおいしくてとってもよかった。きれいな花をみておいしいお弁当を食べて、なんだかとってもしあわせである。

城山陸上競技場の桜
ちょっと寒かったけど、とってもキモチよかった。

海軍道路の桜
こちらは、前日通った近所の海軍道路の桜。
やっぱりすごく渋滞していた。。。
posted by Tack at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年02月25日

天城高原

伊豆の天城高原へ行ってきた。
仲間をさそって総勢9名。なかなか楽しい。
それにしても天城高原はたくさん雪が残っていてびっくり。伊豆じゃなくてスキー場にいったようだった。

フローティングキャンドル
おみやげで買ってきた「フローティング・キャンドル」。
旅の余韻にひたりながら今夜もワインをいただく。
posted by Tack at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年02月13日

幻のスキーゲレンデ

3連休で、スキーに行った。
正月に行ったスキー場。
このスキー場は今回で4回目なんだけど、今回初めて滑ったコースがいくつかあった。これまでは積雪不足で閉鎖されていた。
「幻のゲレンデ」だ。

幻のコース1
今回初めて滑ったコース。
山頂からかなりの急角度の狭いコースが続く。

幻のコース2
雲の上のゲレンデといったところか。
気持ちよかった。
posted by Tack at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年01月20日

バッジテスト合格!

昨日、息子のスキーのバッジテストを受けた。去年、ジュニア2級を合格したので、今年はジュニア1級。
結果は無事合格。ほっとした。

午前中の講習を終え、昼食の後、午後のテストの前、息子がもう一度滑りたいというので、二人でリフト2本をすべった。でもなんだか元気がない。滑りを見てみたら、ガチガチで、なんでもないところでころんだりしている。とっても緊張していた。
いままでは怖いもの知らずでなんでも「へーきへーき」と言っていたのに、一人前に緊張している。小学校六年生だけど、なんだか大人に一歩近づいたみたいな気がする。

バッジテストコース
ジュニアのバッジテストはボールコースをすべり基準タイム以内ならば合格。ピラタス蓼科のゲレンデは固くしまっていてスピードは出るんだけど、しっかり滑らないといけない。
ポールの間隔も短いので結構テクニカル。

合格祝い
家に帰ってからチョコレートケーキで合格祝い。

1級合格で、これでスキーバッジテストは卒業だと思ったんだけど、バッジを受け取るとき、「これで次は大人のスキー3級を受けられるんですよ。がんばって受けてくださいね。」などと言われてしまった。ううむ。



posted by Tack at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年01月06日

きょうも快晴

快晴のスキー場。
キモチイイ。

朝の山々
妙高スキー場がすぐ近くに見渡せる。

上越市と日本海
山頂までリフトを昇ると上越市の向こうに日本海が見える。
posted by Tack at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2008年01月03日

今年も去年と同じスキー場

スキー場に来ているのだ。
去年の正月と同じスキー場なのだ。
年末年始の寒波でどうかなあと心配していたけど、昨日は晴れていて、雪のコンディションも良くて安心。
リフトで山頂近くまで昇ると日本海が見える。なかなか気分がいい。こんな景色を見ることができて、スキーを楽しめるのはとってもぜいたくだなあと思う。

急斜面
きょういちばんの急斜面。
こぶだらけの斜面だけど、雪が多いのでそんなに苦にならない。
ちょっとチャレンジャブルなところがおもしろい。息子もがんばって滑っていた。
posted by Tack at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年10月30日

蓼科の紅葉U

日曜日は快晴だった。
台風一過、蓼科の紅葉はすばらしかった。

蓼科ロープウェイ
ロープウェイからの眺め。山並みが美しい。

山頂駅
山頂駅は初冠雪で、真っ白だった。

遊歩道の雪だるま
だれかが作った雪だるま。なんとなく愛らしい。

横谷渓谷
横谷渓谷の紅葉。見ごろである。

黄葉と紅葉
黄色と赤のコントラストがきれいなのだ。

紅葉と秋空
遠く透き通った秋空と紅葉。うむむ。きれいなのだ。
自然の色なのだ。

posted by Tack at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年10月28日

紅葉の蓼科

昨日から蓼科に来ている。紅葉まっさかりの高原である。
でも、昨日は台風の影響で大雨だったのだ。
なんにも見えなかったのだぁ。

でも、今日は快晴。ロープウェイが楽しみである。

八ヶ岳連峰の日の出
八ヶ岳連峰から顔を出した朝日。まぶしい。

紅葉の蓼科山
蓼科山(標高2,530m)が頭をだしている。
posted by Tack at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年10月03日

大迫力のエキゾーストノート

F1日本GP開催3日前に手に入れたチケットはメインスタンドと第一コーナーの間にある仮設スタンド。前から3列目の席なのだ。

右にフロントローが見える。正面はピットロードで、左前方がピットロードの出口。左のかなたに第一コーナーが見える。結構穴場の席かもしれない。

ピットロード出口
ピットロード出口。

今回、最初にF1マシンを見たのは3回目のフリー走行。ピットロードの出口で一度停止し、そこからスタートしていくマシンのエキゾーストノートには感動した。しばらく忘れていた音である。
また、この場所は富士の長い直線でも、最高速に近いスピードに達する場所だ。フルスロットルで300Kmオーバーで目の前を駆け抜けていくF1マシン。目の前で見ていると鳥肌がたつ。こんなスピードで雨のなかを走り抜けていくドライバーたち。人間わざとは思えない。

公式予選が終わったあと、この場所で見る翌日のスタートを想像してみた。

22台のマシンが一斉にスロットルを開ける。フロントローにならんだハミルトンとアロンソ。
そのうしろから前をうかがうフェラーリの2台。そのあとにつづく18台のマシンたち。
少しでも順位をあげようと右に左にポジションを移動していく。そして次々に第一コーナーに突入していく。数々のドラマが生まれる瞬間だ。

というシーンが目前で見られると、とってもとっても楽しみでわくわくしていた。

ところがである。このスタートがセーフティカーを先頭にしたローリングスタートに変更されてしまった。降り続く雨が原因である。大事故が起こらないようにとのオフィシャルの判断だからしょうがない。スタートは想像していたものと違い、なんだか地味なものになってしまった。
がっかりである。

300Kmオーバー
目の前を駆け抜けていく300Kmオーバーのマシン。
フツーのデジカメで固定して撮るとこんなふうにしか写らない。

このコンディションの中、フルスロットルで目前を駆け抜けていくF1ドライバーの勇気には感動した。
こんどはドライコンディションでみてみたい。
posted by Tack at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年10月02日

F1GPとぬかるみとバス大渋滞

今回のF1GPはサーキットから離れた場所に何ヶ所も駐車場を作り、そこから観客をシャトルバスでピストン輸送するというシステムだった。前に鈴鹿に行ったときはサーキットに続く道はどこも大渋滞だったので、この方式は案外いいかもしれないと思っていた。
で、サーキットまわりの道は結構渋滞が少なかったのだけど、サーキットのゲートからバス乗り場までの道にバスの行列ができていた。

土曜日の朝は案外スムースだったんだけど、帰りはひどかった。バス乗り場になかなかバスがやってこないのである。
あとでわかったのだけど、サーキットのゲートとバス乗り場までの間で何か所か道路陥没があり、片側交互通行となったのが原因らしい。雨で地盤がゆるんだところに大型バスが何百台も通ったのだから無理もない。舗装も申し訳程度のものだったし。

結局、帰りはバス乗り場で2時間以上も待たされた。ふうう。
やっと乗れたバスから見えたのは、サーキットのゲートに入れずに行列を作っている何百台ものバスだった。バスがいっぱいあっても、中に入れないんじゃしょうがないのだ。

バス大渋滞
土曜の朝のサーキットゲート内のバスの行列。
このころはまだよかったのだけど、帰りがひどいことになった。日曜日は決勝に間に合わないと大変なので、早めにバスにのったのだけど、それでも2時間以上かかった。でも間に合ってよかった。
日曜日の帰りは、バス乗り場の場所が変更され、わりとスムースにバスに乗れた。道路もすいていたし。
土曜日の夜はやっぱりアクシデントだったのかな。

それにしても、今回、歩道の一部が未舗装で、降り続く雨でぬかるみになっていた。こんなところを歩かされたので、靴はどろんこである。ハイヒールやきれいなブーツの女性はかわいそうだった。
雨のときの歩道のこともちゃんと考えてね。富士スピードウェイさん。
posted by Tack at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年10月01日

16年ぶりのF1観戦

富士スピードウェイのF1日本GPに行ってきた。
先週まではTV観戦のつもりだったんだけど、オークションで検索してみたら、F1チケットが半額以下で売買されている。がまんできなくなって、買ってしまった。

もともとF1のチケットが発売されたときに購入を検討してみたんだけど、メインスタンドで一枚6万円以上、家族3人で交通費などを入れると20万円以上になってしまう。公式駐車場兼オートキャンプ場の宿泊券などもあったのだけど、このキャンプ券だけで5万円もするのだ。こりゃたまらんと、あきらめた経緯がある。

直前になって、チケットの相場は高騰してるんじゃないかと、興味本位でオークションをのぞいてみたら、なんだかたくさん売れ残っていて、半額以下で手に入りそう。
水曜日の夜に落札して、その夜のうちに代金を振り込み、木曜日に速達で送ってもらった。金曜日に無事チケットが届き、その夜、でかけた。

さんざんな天気だったけど、16年ぶりのF1生観戦はなかなかだった。

霧の富士スピードウェイ
濃霧の富士スピードウェイ。
この霧で、土曜日のフリー走行は一周だけで終わってしまった。
とほほである。
posted by Tack at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年09月24日

山中湖と富士スピードウェイとF1グランプリ

この連休は山中湖の友人の別荘で過ごした。
年に何回も行っている。毎回、飲んだり食べたり、体重が増えて帰ってくる。今回もなんだかデブになって帰ってきた。

山中湖平野にある友人の別荘は富士スピードウェイから車で30分もかからない。今回は富士スピードウェイの横を通って山中湖へ行った。

富士スピードウェイ
来週、F1グランプリがここで行われる。なんだかうれしいのでゲートの前で写真を一枚。

F1グランプリといえば、16年前、夫婦で鈴鹿に見に行ったのが思い出される。
中島悟が引退した年。
当時、F1の人気はすごくて、自由席の券しか取れなかった。3日間通して鈴鹿に行ったのだけど、予選の期間中どこで見ようか歩き回った結果、結局スプーンコーナーで観戦することにした。各コーナーの中でいちばん長くマシンを見ていられるからだ。
予選が終わった日、一度サーキットの外に出た後、夕方サーキットが再オープンされると聞き、近くの駐車場でキャンプをしていた僕たちは寝袋をもって再度サーキットに向かった。
スプーンコーナーの観客席で寝袋に入り、星空をながめながら一夜をすごした。まわりはそんな観客でいっぱいだった。
そのちょっと前まで僕はラリーやダートトライアル、ジムカーナなどのモータースポーツに参加していた。日本人としてはじめてF1にフル参戦した中島悟は、なんだかぼくたちを代表して走っているような気がしてすっごくうれしかった。
その日本グランプリでとても印象に残っているのは、そんな中島悟がドライブするマシンがコーナーに現れるたびに、観客席の日の丸がウェーブのように一斉に振られて、エンジン音に負けないぐらいの大歓声が響いていたことだ。
残念なことにこのレース、中島悟は途中でリタイアしてしまったけれど、当時やっぱり中島悟は僕たちのヒーローだった。
そんな彼も、いまやチーム監督で、2人の息子がすでにレーサーとしてデビューしているらしい。
さて、今年もF1日本グランプリの季節。来週は自宅のテレビで生放送でレースを楽しむことにしよう。

posted by Tack at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年09月02日

「日本の渚・百選」と「快水浴場百選」

きのうは宿の近くの海へ行ったのだ。

守谷海水浴場
宿から車で5分の場所にある守谷海水浴場。
ここは「快水浴場百選」に選ばれており、また、隣の鵜原海岸とともに「日本の渚・百選」にも選ばれているというスバラシイ場所なのだ。なぜか日本人は「百選」が大好きなのだ。この「百選」にふたつも選ばれている場所は滅多にないのだ。

もう海水浴シーズンも終わりのせいか、とっても静か、波もおだやか、水も透明、ビーチもきれい。家族でのんびり過ごすには理想的な環境。やっぱり「百選」なのだ。

*快水浴場百選:
   2006年、環境省
**日本の渚・百選:
   1996年、運輸省認定、日本の渚・中央委員会

でも、波が静か過ぎて、家から持ってきたボディ・ボードは使い物にならない。「やっぱりボディ・ボードやりたい!」との息子の声でほかの場所を探すことにしたのだ。

太東海水浴場
結局、車で40分ほどかけて、九十九里浜の南端、太東海水浴場に行った。
腰から胸あたりの波がひっきりなしに押し寄せ、サーファーもわんさか押し寄せてくる。
ボディボードは2回目なんだけど、うまく波に乗れたときにはめちゃくちゃキモチいい。夢中でやっているとあっというまに時間がたってしまう。
午後になって、まわりがサーファーだらけになってしまったので、ひきあげてきた。
ボディーボードも「キモチいいスポーツ百選」!かな。
posted by Tack at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2007年09月01日

海にきています

3週間ぶりに海に来ました。
でも、なんだか急にすずしい朝です。
曇り空だし。

勝浦の海岸
今朝の勝浦の海岸。
posted by Tack at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで