2012年07月05日

POLARとCATEYE

先日自転車に装着したPOLAR・CS600Xは、その後ケイデンスセンサーも交換後、無事に動作した。
ちょっと液晶が見にくいけど、快調に動作している。

いままでつけていたCATEYEもそのまま。
ここでちょっと気になるのが、POLARとCATEYEの距離表示の差である。
境川サイクリングロードの往復で、CATEYEだと33.88Kmとなるのが、POLARだと33.4Kmと表示される。

タイヤの周長の設定は説明書通りに行ったのだけど、POLARの説明書では700x23Cは2070mm,CATEYEの説明書では2096mmとなっている。
どうも、これが原因だと思われる。さて、どっちに合わせればいいか。。。
こんど、ちゃんと周長を計ってみよう。

ところで、両方を見比べていてわかったのだけど、POLARのスピード表示が1テンポ遅れる。
たとえば、CATEYEが時速30Kmを示してから、1〜2秒遅れてPOLARが30Kmを表示する。
きっと、サンプリングデータから時速を計算する方法に違いがあるのだろう。

このあたりはCATEYEに軍配が上がる。
それに液晶もCATEYEのほうが断然見やすい。

POLARがいいのは、帰ってきてからPCでトレーニンググラフを見られるところかな。
心拍数やケイデンス、スピード、距離、標高などがグラフ化されて見れるのでちょっと楽しい。
貧脚ぶりが手に取るようにわかる(-_-);;

CS600X
まあ、しばらくは2つつけたままにしておこう。

posted by Tack at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56874008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック