2012年04月13日

南三陸から2011.3.11〜2011.9.11(写真集)

アマゾンで写真集を購入したのだ。

南三陸から
南三陸町で親子2代写真館を営んでいた佐藤信一さんが、津波により自宅および写真館を流されながらも、唯一持って逃げたカメラで撮り続けた、震災後半年間の記録写真である。

先月、南三陸町を見てきたばかりなので、一枚一枚の写真に心が揺れる。

この写真集、平成24年度の講談社出版文化賞 【 写真賞 】を受賞した。
ちなみに、選考委員は 熊切圭介・椎名 誠・篠山紀信・田沼武能という方々である。

南三陸パノラマ2
こちらの写真は、先月、僕が南三陸町に行ったときの写真。
がれきは片付けられたけれど、津波のあとにはまだなにもない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55256627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック