2007年05月24日

ヒドラ水槽のリセット

GW前半、ヒドラ水槽をリセットした。
ヒドラ水槽といってもヒドラを飼っていたわけではないのだ。レッドビーシュリンプ用に新しい水槽を立ち上げたのだけれど、そこにヒドラが大発生してしまった。

ヒドラペア

こいつが"ヒドラ"。実にしぶとくて、とってもとってもわいてくる。再生力が強いので生物の実験などで使われるらしいけど、熱帯魚、とくにえび水槽には嫌われ者。稚えびがたべられちゃう場合もあるらしい。大きらいだぁ。

いちどヒドラ撲滅作戦で、流木をすべてとりだし、木酢液につけたり、ガラスについているヒドラをすべて取り去ったりして200匹以上を退治したのだけど、一週間たったら退治前に戻るどころか、それ以上に増えてしまった。
で、あきらめてリセット。

ヒドラマンション

スポンジフィルターについたヒドラ。
マンションのよう。

水槽リセット

濾材は煮沸して熱湯消毒。
その他の器具は木酢液の原液ですべて消毒。
消毒しにくいものはすべて廃棄処分。
経費がかかるのだ!

新水槽0512

前回のソイルはADAアマゾニアを使用したのだけど、今回は成瀬のアクアフォーチュンで購入したえび天ソイル8Kgの上にこれもアクアフォーチュンで購入したムネチカファームのソイル(細目)4Kgを使用。底面フィルターの上に濾材(パワーハウスソフトタイプM)をおき、その上にソイルを敷く。土中にデニマックスを入れておいた。底面フィルターは水作エイトブリッジの水中ポンプに直結してある。
前回はバクテリアを入れずに、既存の水槽の水を種水にしたのだけど、今回はバイコム78を使った。
このソイル、有機物があまり溶出しないようで、一週間目で

 アンモニア0.1mg/l程度
 亜硝酸0.8mg/l
 硝酸塩100mg/l

と検出されたのがMax。
ちなみにアマゾニアを使ったときは

 アンモニア5.0mg/l以上
 亜硝酸33mg/l以上
 硝酸塩500mg/l以上

(以上というのは、これ以上の値はゲージにないので測れなかったということです。)
と、強烈な値になり、これが落ち着くのに一か月かかりました。
えび天ソイル+ムネチカファームソイルでは、3週間でほぼ完全に検出されなくなりました。

アマゾニアではバクテリアもかなり増えて活発に活動するように思えるのだけど、増えてもらいたくないもの?も増える可能性が大きいような気がします。完全に水ができるまでは余計なもの(水草、流木など)は入れないほうが無難かもしれない。

流木の隔離

流木たちは木酢液につけて、目に見えるヒドラはすべて退治したのだ。
でも、念のため隔離水槽で様子を見ている。木酢液につけすぎてウィーローモスやプレミアモスの色がすっかり変わってしまった。ぜんぶ枯れてしまうかもしれない。とほほ。

新水槽0522

3週間目でえびを入れてみた。ヒドラに侵されていない水槽から流木もひとつ移動。
アクアフォーチュンで買ったモンモリロナイト2個とこれもアクアフォーチュンで買ったムネチカファームの「ミネラルサンドストーン」2個を入れてみた。ミネラルサンドストーンをそのまま入れたら、表面の砂がとけて落ちてきた。ちょっと洗ってからいれたほうがよかったかも。。
でも、えびは砂にもぐったりして遊んでいる。

えび0512

これは既存の水槽。こんなになるのはいつの日か。
この記事へのコメント
えび御殿への道のりは長そうですねー.ガンバってください!!!!!!!
Posted by しにゃ at 2007年05月24日 11:54
御殿どころか、えびで身上つぶれそうです....
Posted by tack at 2007年05月24日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4093520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック