2010年03月04日

ぼくとママの黄色い自転車

「ぼくとママの黄色い自転車」
主人公の小学三年生の大志が物心ついたころから「パリのデザイン学校に留学している」と聞かされていた。手紙だけのやりとりでずっと会っていない母親。ひょんなことからその母親が小豆島にいるかもしれないと思うようになり、黄色い自転車に乗り、横浜から小豆島に向かう。
けっこう悲しくてせつない物語なんだけど、母親の愛情と、大志の愛犬が見る人を救ってくれる。
そんな映画。
posted by Tack at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を見たのだ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35986513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック