2010年01月18日

週末はずっとテレビ

今週の週末は、年末年始に撮りためたテレビ番組をずっと見ていた。最近、いそがしくてなかなか見たいテレビも見れない。なんだかその反動かもしれない。ざっと、20時間以上見ていたことになる。こたつで見ていたので腰が痛くなった。

今週末見た映画はというと。。

「スローなブギにしてくれ」
片岡義男の小説はけっこうはまって読んだ。片岡義男の小説に出てくる女性がなんだかかっこよくてあこがれた。そんな片岡義男の小説が原作の映画。
この映画が公開されたとき、ロケ地の大和市内に住んでいて、映画を見て、あのスナックはあそこだぁ!とかあの踏切ってあそこの小田急線の踏切だとか、米軍ハウスとか基地のフェンスとかなんだかなつかしかった。あのころ、映画館で見た映画。

「四日間の奇跡」
石田ゆり子がよかった。それから、あの海辺の協会、すばらしいロケーションだ。山口県下関市の角島が主な舞台らしいけど、あの教会の場所、いちど行ってみたいなあ。

「四分間のピアニスト」
ドイツの映画。刑務所に収監されている主人公のピアノがなんだかすごかった。。。

「バッテリー」
菅原文太ってやっぱり存在感あるなあ。

「男たちの大和」
蒼井優ってなんだかいい。
子供の頃、テレビで戦争映画やコンバットとかの戦争のドラマを見ているとおばあちゃんが決まって「戦争なんていやだいやだ、こんな映画なんていやだいやだ」ってぼやいていて、おばあちゃんの前では戦争をテーマにしたドラマは見ることはできなかった。
いま思えば、おばあちゃんは空襲で家を焼かれたり、息子を兵隊として送り出したり、戦争体験はドラマや映画じゃなくて現実そのものだったんだろう。だから、戦争映画なんて見たくもなかったに違いない。そんなことを考えながらこの映画を見ていた。

「蘇える金狼」
大藪春彦、なつかしい。レイモンド・チャンドラーでハードボイルドが好きになって、大藪春彦もその流れで夢中で読んだ。
松田優作と吹雪ジュンが印象にのこる。

その他の番組はというと、

「ガイアの夜明けー電気自動車」
電気自動車の時代になるのか!?

「ガイアの夜明けーまぐろ」
クロマグロ、食べられなくなっちゃうの?

「ガイアの夜明けーコーヒー戦争」
缶コーヒーってうまいのか?と思いながら飲んでしまうんだけど。。

「ガイアの夜明けーリフォーム」
松坂屋の外商のお客さんって、リッチなのね!

「龍馬伝(1)」
「龍馬伝(2)」
なかなかおもしろい。
画像がなんだかアナログっぽくて味がある。そーいう効果を狙っているのかな。それにしても香川照之の演技ってすごいな。主役をくってるぞ。

「咲くやこの花(土曜時代劇)」
成海璃子が主人公。成海璃子っていい。

「NewsZERO-だれも知らない渡辺謙」
渡辺謙が主役の「沈まぬ太陽」のPRインタビュー。
それにしても渡辺謙ってすごいなあ。
彼がアフリカで撮った野生動物の写真もなかなかすごいし、ロケで海外にいったときも、時差ぼけ対策で着いたその日にジムで40Kmランニングをするって、プロです。

「デュラララ!!(2)」
池袋が舞台の新感覚アニメ。
なんだか不思議なストーリーでした。息子が原作小説を読んで、アニメにも夢中らしい。

「水曜どうでしょうClassic」
屋久島釣りばかチャンピオン決定戦の最終回。若き日の大泉洋、鈴井貴之、安田顕、音尾琢真が見られた。これ、見るの3回目ぐらい。それにしても何回見ても笑えます。水曜どうでしょう。
来週からはいよいよベトナム縦断原付の旅がはじまる(TVK)。一度見たけど、なんだか楽しみ。

もう当分テレビ見なくてもいいかも。






posted by Tack at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を見たのだ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34803952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック