2012年04月30日

曇り空と富士山

きょうは朝から曇り空だ。

4月30日の富士山
曇り空と富士山。
きょうはこれだけ。
posted by Tack at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2012年04月29日

富士山のふもとで久しぶりにダッジオーブン

5年ぶりぐらいでダッジオーブンを物置の奥から引っ張りだしたのだ。

ダッジオーブン
これは10インチのダッジオーブン。
トマトソースを煮込んでみた。
成功。

鳥まるごと
きょうはこれを調理するのだ。
やっぱり丸ごと鶏一羽なのだ。

ダッジ2
12インチのダッジオーブンをプレヒートし、鶏を入れたのだ。

ローストチキン
焼き上がり。
うまかったのだ。

富士山0429
富士山のふもとでダッジオーブンでローストチキンなのだ。

posted by Tack at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2012年04月28日

いつもの山中湖

いつもの山中湖に来ている。
ここのところ、5月の連休はいつも山中湖なのだ。

4月28日の富士山
今朝の富士山。
きのうの雨も上がり、快晴である。
富士山は何回見ても見飽きない。

コートシャロネーゼ
昨夜は到着早々、ワインを開けた。
ブルゴーニュのコートシャロネーズ地方のピノノワールのワイン。
連休に乾杯!
posted by Tack at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと遠くまで

2012年04月27日

1995年

昨日は息子の誕生日。
1995年生まれで、17歳になった。

1995年の出来事をWikipediaで検索してみた。

1月17日 - 阪神・淡路大震災が発生
2月13日 - 近鉄を退団した野茂投手のロサンゼルス・ドジャース入団が決定。
3月10日 - カシオ計算機が液晶デジタルカメラ「QV-10」を発売。
3月20日 - 地下鉄サリン事件発生。13人が死亡、5,510人が重軽傷。
4月9日 - 第13回統一地方選挙、青島幸男東京都知事と横山ノック大阪府知事が当選。
5月23日 - Javaが発表される。
8月25日 - マイクロソフトがWindows 95英語版を発売
12月8日 - 高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏洩(ろうえい)事故が発生。

カシオのQV-10を買いに行き、「デジタルカメラください」と言ったら、店員に「それなんですか?」と聞き返された。

Javaは最初はアニメを書くための仕組みかと思った。その後、僕は大変お世話になっている。

で、息子の17歳の誕生日を祝って、息子の生まれた年のワインを開けることにした。

レオードポンテ 1995
レ・オード・ポンテ 1995年。
シャトーポンテカネのセカンドラベルなのだ。

瓶口1995
瓶口はきれいだ。

コルク
きれいに抜けた。

慎重にデキャンティングしたのだけど、かなりおりが混ざってしまった。
寝かしておいたボトルを立てたあと、30分ぐらいしか置けなかったのがいけなかったのかな。
こんどは前日に立てておこう。

このワイン、最初の力強さが抜けて、かなり飲みやすい、枯れた味になっていた。
飲み頃のピークは過ぎているような気がするが、記念ワインなので特別である。
来年も飲もう。

2012年04月26日

「開拓者たち」と義父のこと

NHKで放送しているドラマ「開拓者たち」を見ている。

戦前、旧満州(中国東北地方) へわたり、過酷な逃避行と避難生活を体験した末に帰国、戦後の日本で、新たな農地の開拓にたくましく挑んだ人々の物語。(NHKホームページより)

なのだ。

義父(妻の父)は終戦時、満州にいた。
招集され、衛生兵の訓練を受けて満州にいた。
やっと日本に引き揚げられたのは昭和30年。最終に近い引き上げ船だった。
実に10年以上、抑留されていたことになる。

その後義母と結婚し、妻が生まれた訳だが、20代の働き盛りの10年間をずっと抑留されていた義父の、その後の日本での苦労も想像に難くない。
満州に抑留されていたときのことはあまり語りたがらなかった義父であるが、それでもなんとか聞き出した話はとても悲惨な話ばかりだった。
衛生兵だった義父は黒龍江(アムール川)の川岸に建つ陸軍病院に抑留され、そこで働いていたらしいが、冬になると、極寒の環境に耐えられずにたくさんの人が死んでいったらしい。

そんなこんなで、この「開拓者たち」、もう亡くなった義父のことを思い出しながら見ている。
こういう話、直接本人たちから聞く機会はほとんどない。
僕たち日本人は、こういう時代を生き抜いてきたのだということを忘れたくない。

IMG_1553.JPG
昨夜のワインは南アフリカ産。トゥルバフ カベルネ・ソーヴィニヨン。
とてもうまい。でも安い。
南アフリカのワインは以前は国有企業がぶどうを買い上げ、個別のワインの醸造は制限されていたのだが、2002年に国有企業が完全に民営化され、また、個別の農園でのワイン醸造も自由化された。
その結果、品質のよい、おいしいワインが競って作られるようになっている。

2012年04月25日

キッチンのテーブルコンロ

我が家のキッチンのテーブルコンロが古くなってきたので、新しいものに変えることにした。

テーブルコンロ旧
家の新築時に設置したテーブルコンロ。
もう22年になる。
当時、ハイカロリーのコンロを探していたのだけど、なかなかいいものがなく、思い切って業務用のコンロを入れてしまった。
この火力、いちど使うともうやめられないそうだ。

で、今回も業務用のコンロを設置することにした。

コンロそのものは27日に納入されるのだけど、設置工事は来月の11日になる。
GWをはさんでなかなか日程がとれなかった。

いまから楽しみである。

2012年04月24日

志津川と山口百恵と明治三陸地震と

こんな記事を見つけた。

116年前に日本史上最大の津波被害をもたらした明治三陸地震(1896年)被災現場の記事と写真9枚を掲載したニューヨークの地元紙『ハーパーズ・ウイークリー』(1896年8月8日付)が、現在ニューヨーク公立図書館本館で閲覧できることが分かった。現在も残る資料写真は希少で極めて貴重なものとされている。

(JBPressのページより「http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35038」)

それで、思い出したことがある。

30年以上前になるが、僕はPAの仕事をしていた。
コンサートの音響を担当する仕事である。

その頃、志津川町(いまの南三陸町)で山口百恵コンサートがあり、僕は、PA機材を満載したトラックとともに会場に行った。
ステージ袖でマイク係をしていた僕は、百恵ちゃんにマイクを手渡し、袖から百恵ちゃんを見ていた。
透き通るような白い肌。きれいだった。

で、なにを思い出したのかというと、「その会場のロビーに明治三陸地震の津波の写真が展示してあった」という記憶である。
どんな会場だったか、もう忘れてしまったけど、僕の記憶ではたしかにあった。
でも、その写真を見てもなにか遠い過去の写真で、現実感はあまりなかったように思う。

東日本大震災では、カラー写真や動画が数多くあるが、これらはぜひちゃんと後世に残していってもらいたい。

志津川湾の夜明け
志津川湾の夜明け。
とても静かできれいな海だ。

2012年04月23日

ロータスとピノ・ネロとアヒージョと

きょうは朝から雨模様。
自転車はまたまたお休みである。

そういえば、F1ロータスチームのスポンサーロゴに「Japan Rags」というのがあった。
不思議に思って調べてみたら、これはヨーローッパを中心としたジーンズ・ファッション・ブランドなのだそうだ。
「Japan」という名前がついているけど、日本とは関係ないみたいだ。
なんで「Japan」なんだろうか?

このロータスチーム、バーレーン・グランプリでは2位と3位だった。
去年は下位を低迷していたはずなのに変だなと思ったら、実はこのチーム、去年は「ルノー」の名前で登録されていた。
去年まで「ロータス」を名乗っていたチームは「ケータハム」という名前になった。
チーム名をめぐって訴訟になっていたのが結審した結果である。
実にややこしい。

イゾラピノネロ
夕べのワインはイゾラ ピノ・ネロ。
イタリアワインだ。
ピノ・ネロは、ピノ・ノワールのイタリアの名前である。
このワインはヴェネツィア産のピノ・ネロ100%。
アドリア海の恩恵を存分に受けたぶどうからつくられたんだそうだ。

うまい。しかも安い。
これもうちの定番にしようかな。

ダブルアヒージョ
で、やっぱりアヒージョなのだ。
ほたるいかとマッシュルームである。

2012年04月22日

芝刈りと旨安大賞ワインと

きょうは朝から庭の芝刈り。
もう半年ほったらかしてあったのでひどい状態になってしまった。
やっと終わったと思ったら雨が降ってきた。

スプロケ
せっかくピカピカにした自転車も出番なし。

レ・クルーズ
夕べは、白ワインをちょっと飲んだ後、フランス・ラングドック地方のレ・クルーズ V.V. 2010 カリニャンを開けた。
カリニャンは南仏で多く生産されている品種だが、カリニャン100%を謳っているワインはそんなに多くない(と思う)。
それから、この「V.V」は「ヴィエイユ(古い)・ヴィーニュ(木)」の略で、古木のぶどうを使用して作ったワインと言う意味。
で、とてもうまかった。
ところで、このワイン、

「『Real Wine Guide No.35』の特集『3,000円以下の本当においしいワイン』で『旨安』(旨くて安い)大賞に選ばれました。」

そうだ。
実は、こういうのにすごくヨワイのだ。
調子に乗って4本も買ってしまった。

2012年04月21日

バーレーン・グランプリとマッシュルームのアヒージョと

今週はバーレーン・グランプリだ。
先週の中国グランプリでは、3番スタートだった可夢偉はスタートがうまくいかず、結局10位だった。
さて今週は。

ところで、このバーレーン・グランプリ、去年は政情不安で中止されてしまった。
反政府デモは武力鎮圧されたのだけど、いまでもかなり危ないらしい。
スンナ派の王族が招聘したF1グランプリはシーア派を中心とする反政府勢力のターゲットとなっているらしい。
今年は、各国の報道陣は軒並み人員の派遣を中止した。
フジテレビのスタッフもだれも現地に行かないらしい。

で、このフジテレビ、今年から地上波でのF1中継をやめてしまった。
BSだけでの中継である。
なんだかさみしいが、とりあえず見られるからいいことにしよう。

このバーレーン・グランプリ、18日にフォース・インディアチームのスタッフが移動中に火炎瓶を投げつけられたそうである。
このチーム、スタッフを早く帰すために、フリー走行の2回目を欠席してしまった。
今日、明日の結果はどうなることやら。
とにかく可夢偉がんばれ。

マッシュルームのアヒージョ
昨日は定番のマッシュルームのアヒージョを作った。

Weemala
ウィマーラ・ピノ・ノワール。
オーストラリアのローガン・ワインズのワインだ。
安いけどなかなかうまい。
我が家の定番ワインになりそうである。

2012年04月20日

チェーンクリーナーとディグリーザーと100円ブラシ

きょうは朝から曇り空だったが、とうとう雨が降ってきた。
いつも通り、厚木基地に着陸する飛行機が窓から見える。

電車で事務所に来るついでに、自転車屋さんでチェーンクリーナーとディグリーザーを買ってきた。

チェーンクリーナー
これで、僕の自転車のチェーンはピカピカになるはずである。

ところで、この「ディグリーザー」、チェーンなどに付着した油汚れを落とすためのもの。
僕はてっきり軽油がはいっているだけなんだろうって思っていたけど、これって、大豆から抽出したもので、石油系の原料は使っていないらしい。100%生物分解可能なんだそうだ。
うーん、だから高いのかな。。

ブラシ
こちらは、事務所の近くに新しくできた100円ショップで購入したブラシ。

バイクショップに、自転車専用ブラシセットが2,000円台で売っていた。
でも、とりあえず100円ブラシでやってみるのだ。
やっぱりこういうところは節約なのだ。
posted by Tack at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車生活

2012年04月19日

空豆がうまい

空豆がうまい季節だ。

空豆とほたてのアヒージョ
空豆とほたてのアヒージョ。
昨日作ってみた。
どんな料理に使ってもうまい。

きょうは朝から曇り空。
はっきりしない天気だ。

2012年04月18日

ホタルイカのアヒージョ

昨日の雨も上がり、きょうはいい天気だ。

ほたるいかのアヒージョ
最近、アヒージョをよく作る。
写真はほたるいかのアヒージョ。

ほたるいかは脂肪肝を改善させる効果があるということが話題だそうだ。
もうすでに値上がりしている。
困るなぁ。

2012年04月17日

駅前の花壇

きょうは朝から曇り。
すっきりしない天気だ。

花壇
近くの駅の花壇。
とってもきれいに手入れされていたので、思わずシャッターを切った。
春である。

パスタ
日曜日は明るいうちから家でワインを開けてしまった。

さて、でかけようか。

2012年04月15日

カウチポテトな一日

きのうは朝から雨。
家でカウチポテトな一日だったのだ。

ひとしきり、北朝鮮のミサイル発射失敗のニュース解説を見たあと、たまっている録画番組の中から気になるのを選びながら。

まず、ミュージックから。

アデルのライブ
 歌声がとても心地よい。
ビヨンセのライブ
 さすがです。グラマラスなボディといい、歌声といい、すべてすばらしい。
 (ビヨンセってヒューストン出身だったんだ。)
Misiaのライブ
 やっぱりEverythingですかね。
ドリカムのライブ
 彼らのライブは元気になりますね。

それから映画。

ウォーリー
 ふーん、こういうストーリーだったんだ。
キングラインズ(フリークライマーが崖に挑む記録映画)
 すごい。人間業じゃない。
SPACE BATTLESHIP ヤマト
 キムタクと黒木メイサかぁ。
 (そういえば、最近バトルシップっていう映画やっているなぁ)

その他の番組。

開拓者たち
 実は満島ひかりが好きだったりする。
ガイアの夜明け
 温泉が復活してよかったね。

それからニュースを見て寝てしまった。

さて、きょうはいい天気だ。

境川の桜
境川の桜。金曜日に撮影。
もう葉桜になっているかな。

2012年04月14日

バルでサングリアとワインとタパスと

昨日の夕方、ワインを買い出しに横浜へ出かけた。
ついでに関内のスペインバルに立ち寄った。

サングリア
まずはサングリア。
冷えていておいしい。

スペインワイン
次はやっぱりスペインワイン。
ラ・マンチャ のエストーラ・レゼルバ。
テンプラニーリョ100%のワインだ。
強い酸味のあとに渋みが口に広がる、力強い味わいである。
でも、もう少しだけ温度が低いとよかったかな。

タパス
家ではアヒージョにしか使わないカスエラ。これは煮込み料理。
気軽なタパスをつまみながら、楽しく過ごせた。

今日は朝から雨模様。
なにをして過ごそうかな。

2012年04月13日

南三陸から2011.3.11〜2011.9.11(写真集)

アマゾンで写真集を購入したのだ。

南三陸から
南三陸町で親子2代写真館を営んでいた佐藤信一さんが、津波により自宅および写真館を流されながらも、唯一持って逃げたカメラで撮り続けた、震災後半年間の記録写真である。

先月、南三陸町を見てきたばかりなので、一枚一枚の写真に心が揺れる。

この写真集、平成24年度の講談社出版文化賞 【 写真賞 】を受賞した。
ちなみに、選考委員は 熊切圭介・椎名 誠・篠山紀信・田沼武能という方々である。

南三陸パノラマ2
こちらの写真は、先月、僕が南三陸町に行ったときの写真。
がれきは片付けられたけれど、津波のあとにはまだなにもない。

2012年04月12日

花見会とOB会と

きのうは以前勤めていた会社の仲間でのお花見会だった。
結局、終電まで飲み続けてしまった。

僕は会社を辞めて独立してからもう16年経つのだけど、みんな変わらず元気だ。
相変わらず会社でがんばっている人、起業している人、ほかの会社で活躍している人、もう引退して悠々自適に過ごしている人、みんなさまざまだけど、やっぱり楽しい。

僕が入社した頃の会社はまだ創業8年目だったのだけど、いまや東証一部上場の立派な大企業になっている。
すばらしい。

2012年04月11日

境川のコンクリートとエイボン川の土手

きょうは朝から雨模様である。
自転車通勤はお休みしよう。

ところで、最近、毎日境川サイクリングロードを走っている。
そこでやっている河川改修工事を眺めてみた。

コンクリートの床止め
遊水池の予定地(?)では、コンクリートブロックを作っていた。
これは「床止め」に使うようだ。

床止め
「床止め」を敷いたところ。
何カ所もある。

旧床止め
よく見ると、この「床止め」は昔から敷いてあったらしく、古くなった床止めのコンクリートが掘り出されて積んである。

この床止め、なんのために必要なのか調べてみた。
「河床の洗掘を防いで河川の勾配(上流から下流に向かっての川底の勾配)を安定させるために、河川を横断して設けられる施設」
なんだそうだ。

この境川、かつては大きく蛇行しており、たびたび氾濫して洪水になっていた。
そのため、川の直線化と拡幅が行われた。
ただ、それでも、たびたび氾濫し、10年ほど前も台風で浸水被害を出した。
最近は大きな遊水地が作られ、そこに公園やビオトープなどが設置されている。

いまではコンクリートに囲まれた境川だけど、戦前の境川では、自然の川で子供たちが泳げるくらいに水がきれいだったようだ。

かなり前になるが、イングランドのトゥックスベリーという町でエイボン川沿いを散歩したことがある。
この川、水量は豊富だったが、コンクリートが一切ない、自然の土手だった。
運河にも使用されているこの川では、自然の土手を守るため、船もできるだけ波をたてないように進むらしい。

台風や集中豪雨が少ない国だからできることなのかもしれないけど、あの気持ちのよいエイボン川沿いの散歩道が忘れられない。
直線にして幅を広げてコンクリートで固めるだけじゃない河川改修方法にはできないのかな。

2012年04月10日

ヤーコンを食べてみた

先月、東北に旅行したとき、一関の「道の駅かわさき」でヤーコンを買ってみた。

見かけは「さつまいもの形をしたじゃがいも」という感じである。
そのまま皮をむいて食べると、甘い。梨のような食感である。
だけど、舌に渋みが残る。
これはポリフェノールなんだそうだ。

ヤーコンの炒め物
ヤーコンの炒め物。
甘いけどおいしい。

このヤーコン、血糖値抑制効果があるらしく、健康食品として注目されている。
でも、近所のスーパーでは売っていない。

きょうはあたたかく、いい天気だとゆかちゃんが教えてくれた。