2016年01月07日

年が明けて

しばらく(というか、長い間)ブログの更新をさぼっていたら、あっという間に年が明けてしまった。
毎日こつこつ、というのがまったく向いていない僕なのです。

これから書くのは年末に伊東に行ったときの温泉での出来事。
その温泉には海側と山側のお風呂があり、男湯と女湯が毎日入れ替わる。
男湯は前日は山側だったのだが、その朝は場所が入れ替わり、海側のお風呂であった。

僕が入浴を済ませ、更衣室から出て行こうとしたところ、男の人(あたりまえですが)が入ってきた。
その方は、目が不自由らしく、壁を伝いながら歩いていた。
すれちがいざま、その方のつぶやきが聞こえた。

「オーシャンビューかぁ」

見ると、その方は、うれしそうににっこりと笑っていた。
まるで、閉じたまぶたの裏にその景色が見えるかのように。

風呂の入り口の外には人の気配がした。
きっと奥さんが、「あなた、きょうはオーシャンビューのお風呂ですよ。」といいながら風呂の入り口まで送ってきたのであろう。

なんだか、すごく、すがすがしい気持ちになった。


IMG_5242.jpg

伊東の街並み。遠くに初島が見える。

2015年08月27日

新宿駅BERGでモーニングセット

月曜日、寝坊して家で朝食を食べられなかったので、乗り換えの新宿駅東口のBERGというお店でモーニングセットを食べた。

なんだか、朝から満席のお店である。
ちょっと並んで、モーニングセットを注文した。
ここのモーニングセット、ゆで卵の固ゆでか半熟かを選べる。

僕はちょっと迷ったけど、固ゆでにした。
男はやっぱりハードボイルドなのである。

立ち席のすきまに入り込み、モーニングセットを食する。
まわりを見回すと、これから仕事だというサラリーマン風のお客のほかに、朝からビールを飲んでいるおじさんたちがいる。
それもひとりやふたりではないのである。
うらやましいかぎりなのである。

そういえば、昔、仕事で都内に通っていたころはモーニングセットをよく食べていたなあ。
ちょっとなつかしい気持ちの月曜日であった。

IMG_4992.jpg
新宿BERGのモーニングセット。
焼きたてのトーストがおいしい。

2015年08月24日

天国からの贈り物

もう一ヶ月ほど前になるけれど、郵便局から定額貯金についての案内ハガキが届いた。
「預けていた定額貯金が満期になってもう10年以上経過しているから、早く引き出してくれ。」
という文面であった。

「??」

そんな貯金していた覚えはない。
念のため過去の通帳やら証書などをひっくり返してみてもそんなものは見当たらない。

私の名前でこういうことをするのは一人しかいない。
私の母である。

母はまとまったお金ができると、息子や孫の名前で定額貯金を作るのがくせであった。
貯金した日付を確認すると、うちの息子が生まれたばかりの頃であった。

そんな母も昨年亡くなり、亡くなる数年前からはアルツハイマー型認知症で自分が作った貯金のことなど、まったく覚えていなかった。
この定額貯金が満期になったころは、ちょうど認知症になりかけていたころだった。
だから、証書などもどこかにしまってしまって忘れてしまったのであろう。

とりあえず、郵便局でなんだかんだの手続きを済ませた。


きっと、天国にいる母からの贈り物なのだ。

IMG_4964.jpg
先週行った蓼科のホテルの部屋から見た八ヶ岳。
母の生前、ここに母を連れて、旅行に来たことがある。

2015年08月19日

礼儀正しい日本人?

今朝、駅で小田急ロマンスカーを待っていた。
駅に早めに着いたので、列の一番前で待っていた。
電車が到着し、降りる人が終わったところで、乗ろうとしたら、車両の中から走りでてくる男がいた。
あわててよけたのだけど、彼のカバンが、買ったばかりのコーヒーの紙カップを持った僕の手に思いっきり当たった。
案の定、コーヒーは僕のシャツにぶちまけられてしまった。

蓋つきのカップだったので、被害は最小限ですんだけれど、僕にぶつかってきた男は知らん顔して行ってしまった。
どうせ、居眠りでもしていて、あわてて列車から飛び出してきたんだろうけど、まったくひどいヤツだ。

よく日本人は礼儀正しいとかいわれるけど、そんなことはないと思う。
人にぶつかっても謝りもしないやつらがたくさんいる。

日本では人をよけようにもできないような満員電車のような環境があり、そんな場所でいちいち誤っていたら、電車に乗ってから降りるまでずうっと謝り続けないといけない。
だから、そんな環境に慣れてしまって、普段でもひとにぶつかっても謝りもしない人が多い気がする。

なんだか住みにくい世の中である。

IMG_4960.jpg

先週行った蓼科のひまわり畑。
こんな景色を見て、やなことを忘れたい。

2015年07月31日

夏のできごと

今年の夏は暑い。すごく暑い。

で、やけくそで、暑い庭のパラソルの下で「しろくまくん」を食べたりした。

IMG_4924.jpg

でも、暑い場所で食べる「しろくまくん」は、とってもうまかった。

先週の日曜日は、休みにもかかわらず事務所で仕事をしていた。
暑い外に比べると、エアコンを効かせた事務所は、仕事とはいえ天国である。

で、仕事を終えて帰ろうとすると、事務所と駅の間にある通りがお祭りでこんな状態に。

IMG_4928.jpg

これでは駅にたどり着けない。。。

でも、踊りのあいまに道を渡ることができた。

まだまだ暑い夏はつづく。

2015年07月13日

アップルミュージックで音楽三昧

アップルミュージックを試してみている。
無料トライアル3ヶ月の呼びかけに負けて、登録してしまった。
これでやめられなくなったりすると、毎月980円ずつ支払うことになる。

さて、このアップルミュージック、試してみると意外に楽しい。
いろいろなシチュエーション向けに多くのプレイリストが用意されており、その日の気分や予定に合わせてチョイスできる。
朝の目覚めの音楽から、ストレッチやトレーニング中の音楽、仕事に行く前ものモチベーションアップ、夜、お酒を飲むときのBGMなどなど、なかなか飽きることがない。
また、昔聞いた曲をもういちど聴きたくなったときにも便利である。すぐに検索でき、そのまま聞くことができる。

ただ、残念ながら、J-Popの登録アーチストが極端に少ない。聴きたいと思って探してみても、登録されている曲にあたるのは2割以下の確率である。これでは、日本での利用者はなかなか増えないであろう。

とはいっても、洋楽の登録数はなかなかのもので、満足できる。

それから、ForYou というメニューで、おすすめのプレイリストやアーチストを勝手に選んでくれる。大きなお世話だとは思うんだけど、なかなかいいところをついてくる。

IMG_4889.jpg

おすすめでこんなのが出てきた。
べつに落ち込んでいないんだけどなぁ。。。


2015年07月10日

いろんなものがこわれる

このあいだ、テレビが故障して買い換えたばかりで、その後、続けてワインセラーが故障してしまった。
結局、ワインセラーも購入。
(といっても、中古品をオークションで購入したのだけれど。。。)

前のワインセラーよりもひとまわり小さくなってしまったけれど、これで暑い夏もひと安心である。

IMG_4886.jpg
もとの場所に設置したワインセラー。

ワインセラーも設置できてやれやれと思っていたら、こんどは長年愛用してきたズポンプレッサーが壊れた。

壊れたというか、そもそも、息子が濡れたままのズボンを乾かそうとしてこのズポンプレッサーに入れたのが原因である。
熱線の上に貼ってあるフェルトの部分がはがれていたのをだましだまし使っていたのだけれど、その上のナイロンの布が溶けてきて、使うのも、もう限界になってしまった。

IMG_4885.jpg
こちらが壊れたほうのズポンプレッサー。

毎日使っていたので、すぐに新しいものを購入した。

IMG_4882.jpg
新品をもとの場所に取り付けた。

このズボンプレッサー、これで3代目である。
もとはといえば、もう25年以上前になるけれど、イギリスに出張したときに泊まったホテルの部屋に設置してあったのがとっても気に入って、日本に帰ってきてからあちらこちら探し回って、やっと横浜そごうで見つけたものだ。

そのあと、使いすぎて布の部分がすりへってきたので、修理を依頼しようと、電話をしたら、もうその製品はそごうでは扱っていなかったらしかったけれど、修理の代わりに輸入代理店から新品が届いた。
しかも無料だったので、ちょっと感動した。
それが今回故障した2代目である。

この製品は日本でもポピュラーになってきたようで、今回は家電量販店からインターネットで購入できた。
翌日届きました。

さて、次はなにがこわれるのやら。。。

2015年06月19日

ワインセラーが故障してしまった

ワインセラーが故障してしまった。

2日前、いつものようにワインを飲もうと、ワインセラーの扉を開けた。
なんだかいつもとようすがちがう。
ワインボトルを手に取ると

「あたたかい!」

この日は室温26度のちょっと蒸し暑い日だったのだけど、ワインがまさにその温度なのである。
ワインセラーの電源はちゃんと入っているし、温度設定もいつものとおりなのだけど、ぜんぜん冷えてない。

ショックである。

なにより、飲み頃温度になっていないワインが悲しかった。

このワインセラー、エレクトロラックスのサイレントカーブという製品(いまはドメティックというブランドに変わっている)。カタログではワインが200本入ると書いてあるけど、これは下からすきまなく積み上げていったときの話で、本当はそんなに入らない。

まあ、それでも40本ぐらいはストックしてあり、それから、日本酒も入れてあったので、とっても困ったことになってしまった。

修理をするか、それとも買い換えるか、うーん、それが問題。
製造してから17年目の製品だし、これはもう寿命?

今月は、居間のテレビが故障して買い換えたばかりなのに、こういう災難は続けて起こるのだろうか。

IMG_4432.jpg

ワインをいつでも飲み頃温度で飲める日々は再びやってくるのだろうか!?


2015年06月17日

4Kテレビを買いました

居間のテレビが故障してしまいました。
修理を依頼しようか迷ったけれど、約10年使用して、いろんな機能が古くなりつつあったので、思い切って買い換えちゃいました。

で、買ったのがこちら。

IMG_4865.jpg

65インチの4Kテレビです。

1年前に発売したパナソニックの型落ちで、しかもアウトレット品(展示品)だったので、かなりの安値で購入できました。

で、まず最初に感じたのは「でかい!」
で、次に画像を見て「きれい!」
なかでも4K画像は感動ものです。

4Kの録画再生機器は持っていないので、4Kの放送そのものはまだ見れないけれど、ネットワーク経由で見ることができるPanasonic4K動画を見ると、すごくきれい。
で、普通のハイビジョン放送の画面も、なめらかできれいな感じです。

で、思ったより便利なのが、放送中の番組や、USBディスクに録画した番組をネットワーク経由でiPhoneなどのスマホやタブレットで見られるところ。
同じネットワーク内のWiFiにつなぐとかなり高画質で見られる。家中どこでも、庭先にいてもOK!
また、外出中でもそれなりに見られる。それぞれの転送速度をアプリで設定できる仕様になっている。

ネットワーク経由の録画予約は前からできていたけれど、見るほうができるのはなかなか便利なのです。

ますますテレビ大好き人間になってしまいそうな気配です。

2015年06月12日

27年目の晩餐会

今週の火曜日、いつも記念日に訪れているレストランで晩餐会があり、僕たちは夫婦で参加した。

27年前の僕たちの結婚式で料理をお願いしたシェフが、用事で和歌山から横浜に出てくるということで、その頃の料理人のお仲間が久しぶりに集まる同窓会のような晩餐会である。

全部で16人ほど集まった出席者は、料理を仕事としている方たちばかりで、僕はいささか門外漢なのではあるのだけれど、声をかけてもらった。もちろん出席である。

この和歌山から来られたシェフは、27年前、横浜市で31店舗を構えるレストランチェーンの総料理長をされており、ひょんなことから知り合いになった僕は図々しくも彼に結婚式の料理をお願いしてしまった。

その結婚式の料理は、それは素晴らしいもので、いまでも僕が食べた中ではいちばんの料理である。

そのシェフは、僕たちの結婚式の後、横浜を後にして和歌山に移住してしまった。
いまでも和歌山の龍神村でやはり料理を通じて活躍されている。

きょうの会場は、そのシェフのお弟子さんが料理長をされているお店で、日頃、僕たちがお世話になっているお店だ。

IMG_4841.jpg

大桟橋のたもとにあるレストランスカンディヤ。
実は、ここのシェフが、今年、フランス料理の料理人協会の表彰を受けられるそうで、その表彰式に参列されるために和歌山から師匠が来られたそうだ。

IMG_4843.jpg

特別料理の数々。

うにとにんじんのムースのジュレ、スモークサーモン、にしんの酢漬け、あわびのステーキ、ホワイトアスパラとノルウェーサーモンのサラダ、トルティーヤとルッコラの前菜。
どれも手がかかっている。

このほかに、ヴィシソワーズ、牛ステーキ、デザートなどなど、どれも美味しい。

出席者の方々は、自分でお店を作られて営業されているオーナーシェフの方や、ホテルのレストランで活躍されている方、また、シェフを引退されて、悠々自適な生活を送っておられる方など。

ほとんどの方が初対面なので、最初はちょっと緊張していたのだけれど、みなさん、気さくで楽しい方たちばかりでした。

27年目の晩餐会。